外国人がサラ金会社からお金を借りるには

外国人がサラ金会社からお金を借りるには

外国人の方が日本でサラ金会社からお金を借り入れする為には、色々と条件がありますが可能です。
まず旅行などで来ている短期滞在者の外国人の方は借り入れすることはできません。
借り入れできる外国人の方は、中期から長期滞在者の外国人の方になります。
具体的には、在留カードまたは特別永住者証明書が必要になります。
次に当然ですが、安定した収入があること。
そして日本語を理解する力があること。
最後に在留資格の有効期限が重要になります。
在留資格の有効期限が少ないと、借り入れしても返済するのに十分な期間をとることが出来ないため、審査に落ちてしまう可能性が大きくなります。
借り入れする金額にもよりますが、最低でも2年は欲しいところでしょう。
日本人でも同じですが、就業期間が1年未満だと審査に落ちる可能性が大きいので、外国人の方も同様に、就業期間が1年未満だと審査で落ちてしまう可能性が高くなります。
これらの条件を満たせば、審査は日本人と同様に行われます。

近年、注目されている「おまとめ(借り換え)ローン

最近、サラ金会社各社で話題となっているのが「おまとめローン」という商品です。
これは、複数のサラ金会社から借り入れている債務を一本にまとめてしまうことで、ATM手数料や振込手数料を減らし、利用者の負担減を見込んだ商品です。
これを上手に利用し、低い金利のローンでひとまとめにすることができれば、支払い額を低くすることができるのです。
多数の会社から借入をしていて、一本化したいと考えている債務者にとって、これほど心強い提案はありません。
ここで問題となってくるのが、サラ金会社からの借入を年収の3分の1までとする「総量規制」ですが、現在、債務者が自分で借りているお金の金利より低くて負担が減るという条件では、おまとめローンに関しては、この総量規制の対象外となるので、安心して組むことができます。
この「おまとめローン」はここ近年で登場してきた方法です。
それまでは、貸金業法の改正前だったこともあり、実際には「まとめて欲しい」という要望を持った利用者が大変多かったのにもかかわらず、会社側で「おまとめローン」的なものを提供している会社は大変少ない状況でした。
また、たとえ提供していたとしても、当時の金融会社のノウハウは柔軟性がなく、担保や保証人を求められるケースも多かったのです。
しかし、現在では、大手のサラ金会社や他の金融会社も軒並み「おまとめ(借り換え)ローン」の提供を始めました。
これはひとえに貸金業法の改正が良い方向に働いたことが影響しています。

任意整理とは

抱えている借金をどうしても返済することが困難な場合、いくつかの方法で借金を整理することが出来ます。その中には、任意整理・特定調停・民事再生・自己破産などの選択肢があり、状況が比較的深刻でない場合に用いられるのが、任意整理です。
では、任意整理とはどのようなものでしょうか。
それは、裁判所を介入させずに債権者と債務者が和解交渉を行なって、合法的に債務者の負担を軽減することを目指すものです。任意整理を行なう場合、債務者本人が交渉することも出来ますが、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼したほうが無難でしょう。
交渉の段階で過去の取引において過払い金が発生していたことが明らかになるならば、その過払い金を現在の債務残高の返済に充当することが出来ますし、もし、過払い金が債務残高を上回っているならば、その分を取り戻すことも可能でしょう。たとえ、そうした過払い金がなかったとしても、合意に達したならば、現在の借金を今後、無利息で返還出来るようになります。
無理のない方法での返済の合意を目指しますので、債務者の方には返済の意志が必要ですが、裁判所を通さずに借金を整理したい方は、この任意整理を試みてはいかがでしょうか。

アイフル即日融資


  次のページへ>>